ホーム > 時計 > パテックフィリップ

時計

tax_free
クイックサービス認定店

パテックフィリップ

パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)「長い歴史をもつ時計製作を守り育てつつ、時間を測定する計器の限界を絶え間なく超越していく」それが世界最高の時計を作り続けるパテック フィリップの哲学。
175年を超えるたゆまぬ技術革新がここにあります。

 

 

 

 

パテック フィリップ公式サイト https://www.patek.com/ja/ホーム パテックフィリップの世界観

 

 

 

 

 

グランド・コンプリケーション

グランド・コンプリケーション

時計製作の頂点に位置し、時計製作者が究極のチャレンジを挑むタイムピース、それがグランド・コンプリケーションです。グランド・コンプリケーションは、1839年の創業以来、パテック フィリップの功績の一部をなしています。1989年に発表されたキャリバー89は、今日にいたるまで世界で最も複雑な携帯時計としての地位を保持しています。パテック フィリップのグランド・コンプリケーションは、その芸術性と技術性において時を超越した価値を持っています。

コンプリケーション

コンプリケーション

パテック フィリップは、年次カレンダー、クロノグラフ、トラベル タイム、ワールドタイムなどの有用なコンプリケーションの長い伝統を持っています。パテック フィリップでは、コンプリケーション分野においても時計製作技術の頂点に位置する、他の追随を許さない技術・ノウハウを誇っています。

カラトラバ

カラトラバ

パテック フィリップを象徴するカラトラバ十字から名づけられた、最も伝説的なコレクションのひとつであると共に、エレガントなタイムピースの永遠の模範のひとつでもあります。カラトラバのオリジナル・モデル(96モデル)は、1932年に発表されました。
発表以来、このシンプルで偉大な芸術品は、数多くの紳士・婦人用のモデルを生み出し、今日、パテック フィリップ最大のコレクションのひとつとなっています。

ノーチラス

ノーチラス

1976年に創作されたノーチラスは、当時、異例であった12気圧防水のステンレススチール・ケースと、革新的デザインにより高級時計製作の概念を一新しました。
丸みを帯びた八角形のベゼルと裏蓋は、左右に大きく張り出したショルダー部で4本のネジを用いて固定されています。この構造は、昔の大西洋横断定期船に見られた舷窓を思わせます。
年を追うに従い、ゴールド・モデルを含む数多くのバリエーションを生み出したノーチラスは、スポーツ・エレガンスを体現する究極のタイムピースとしての地位を確立し、愛好家、コレクターが追い求める現代のシンボルとなりました。

アクアノート

アクアノート

一目でそれと分かる現代的なデザイン、ノーチラスから踏襲された丸みを帯びた8角形のフォルム、エクスクルーシブなモチーフのブラック文字盤、文字盤と同一デザインの、強靭で紫外線耐性に富む、特別に開発されたコンポジット素材のバンドを備えたアクアノートは、1997年の発表と同時にセンセーションを巻き起こしました。
ステンレススチールから切り出された強靭でスポーティなタイムピースであると共に、精度、信頼性、精緻な仕上がり。
オリジナリティ溢れるアクアノート・コレクションは、ダイナミックで、品質において妥協しない、洗練されリラックスしたライフスタイルを好む人々を魅了しました。

Twenty~4®

Twenty~4®

1999年、アール・デコにインスピレーションを得たゴンドーロ・コレクションを基本として創作されたTwenty~4®は、活動的な現代女性の生活のあらゆるシーンにマッチし、コンテンポラリーなデイタイムの服装にも、エレガントなイブニングドレスにも適するようデザインされており、それがモデル名の由来となっています。
女性の手首にマッチするカーブしたレクタングラー・ケース、これと一体になったスリムなブレスレットなど、やはりパテック フィリップを特徴づける精緻な仕上がりが特徴となっています。

ゴンドーロ

ゴンドーロ

1993年に発表されたゴンドーロ・コレクションは、角型の紳士・婦人用パテック フィリップのタイムピースのコレクションです。
トノー、スクエア、レクタングラー、さらにトラペーズ(台型)など、厳格な幾何学性とピュアなラインを特徴とするゴンドーロ・コレクションのモデルは、アヴァンギャルドなデザインと伝統的な工芸技術を融合させ、数多くの重要な作品を生み出した、二十世紀初頭のアール・デコ様式からインスピレーションを得ています。
ゴンドーロ・コレクションのタイムピースは、いずれもオリジナリティあふれる、洗練されたフォルムを特徴とし、その製作はきわめて高度な技術を必要とします。

ゴールデン・エリプス

ゴールデン・エリプス

ゴールデン・エリプスのケースは、円と長方形の融合したエリプス(楕円形)です。魔法のような深みのあるブルーゴールドの文字盤に、スリムなゴールドのインデックスと指針を配しています。1968年に発表されたゴールデン・エリプスは、伝統的なタイムピースからかけ離れた、そのオリジナリティにより人々を驚かせました。しかしこの革新的なタイムピースは、単なる流行で終わることはなく、視覚的に快いプロポーションにより、一目でそれと分かる独創性に溢れていました。ケースの縦横の比率(1:1.6181)は、著名な《黄金分割比》によっています。ギリシャの数学者により発見されたといわれる《黄金分割比》は《神聖なる比率》とも呼ばれ、今日に至るまで、建築や絵画の最も偉大な作品の中にこれを見ることができます。

PAGE TOP