ホーム > 時計 > ブレゲ

時計

tax_free

ブレゲ

ブレゲ(Breguet)- 「時計の歴史を200年早めた男」と称され、王妃マリーアントワネットの寵愛を
受けた天才時計技師、アブラアン・ルイ・ブレゲ。
彼が1775年、パリに自らの店をオープンさせたことから始まりました。

 

ブレゲ公式サイト http://www.breguet.com/

トラディション

トラディション

「トラディション」コレクションは、アブラアン-ルイ・ブレゲの思い出を心から讃えたものです。 アブラアン-ルイ・ブレゲによって考案された「スースクリプション」という伝説の時計にインスピレーションを得て創作された「トラディション」のモデルは、ブランドの原点回帰と未来への展望が同時にシンボライズされています。 伝統に基づく優雅なスタイルと前衛的なスタイルを巧みに融合させたそのフェイスは、複雑な時計機構をすべて露わにしながら、シンプルなデザイン美学が表現されています。 2世紀も前に確立された工芸技術に敬意を払い、それを忠実に再現するために、ムーブメントのごく小さな部品に至るまで手作業で仕上げられ、表面に「グルネイユ(サンドブラスト)」による装飾が施されています。

クラシック

クラシック

手巻または自動巻の極薄型時計から複雑時計まで、このコレクションに含まれるあらゆるモデルは、ブレゲ・ウォッチの根幹を成す技術や芸術性、さらに伝統的な価値を忠実に受け継いでいます。 このクラシック・ラインに含まれる時計には、過去の時代やブレゲ特有の要素が如実に再現されています。 当時の時計のように"グラン・フー(高温の炉で仕上げた)"エナメル文字盤とブレゲ・アラビア数字を用いたモデルもあり、熱烈なブレゲ愛好家を楽しませます。

マリーンII

マリーンII

「マリーン」は、ブレゲの伝統的な特質を継承しながらよリスポーティな腕時計を生み出すために、現代的な装いを纏っています。 フランス海軍のマリン・クロノメーター(航海用精密時計)の製造者としてアブラアン-ルイ・ブレゲが築きあげた偉大な遺産からヒントを得た「マリーン」ウォッチは、現代人の要望に応えるさまざまなデザインが施されています。 活動的なシーンでも時計の安全を守る頑丈な設計のケースやプロテクター付きのリューズ、それらを美しく引き立てる洗練されたスタイリングや仕上げなどです。 この腕時計では、エレガントな感覚とスポーツ感覚の融合が見事に図られています。

ヘリテージ

ヘリテージ

ブレゲ・ウォッチは、ラウンド・ケースでもそれ以外のフォルムでも、ひと目で見分けられます。湾曲したトノー・ケースの「ヘリテージ」コレクションのモデルは、紛れもなくブレゲの個性を主張しています。古典的なデザインを21世紀の腕時計のフォルムに応用した「ヘリテージ」もまた、あらゆる分野に精通したブレゲの高度な技術を堪能させます。湾曲したケースや繊細なギヨシェ彫り文字盤には、設計技師やケース製作者、文字盤製作者たちの挑戦の成果がよく現れています。湾曲したラインが完璧な美しさを見せる「ヘリテージ」のケースはまた、ケースバンドのフルート装飾(コインエッジ)やカールした繊細なラグもエレガントな表情を添えています。

クイーン・オブ・ネイプルズ

クイーン・オブ・ネイプルズ

ブレゲが作った時計は、フランス王妃マリー・アントワネットをはじめ、コンドルセ公爵夫人、皇后ジョゼフィーヌなど、歴史を彩った著名な女性たちを魅了してきました。 ナポリ王妃カロリーヌ・ミュラもブレゲを熱烈に賞賛した女性の一人でした。彼女の元に1812年に届けられたモデルは、今から200年前の当時としては画期的なものでした。 それが初の腕時計だったからです。オーバル型のフォルムも異例のデザインでした。 ブレゲに大切に保存されている台帳には、この洗練され、独創的な腕時計の特徴について「細長いフォルムのリピーター・ウォッチ(中略)、髪の毛とゴールドを編んだブレスレットを組み合わせた」と記されています。 この伝説の腕時計にインスピレーションを得て、隅々まで女性らしい趣が息づく「クイーン・オブ・ネイプルズ」は、どこまでもモダンで洗練され、ポエジーにあふれたコレクションです。

タイプXX - タイプXXI

タイプXX - タイプXXI

フランス海軍航空部隊のために1950年代に設計された「タイプXX」が、自動巻ムーブメントを搭載する民間用の現代ウォッチとして甦りました。 「タイプXX」の他を寄せ付けないスポーツ感覚と強烈な個性は、独創性と高い技術を備える腕時計を求める愛好者たちをとりこにしました。 甦ったこのクロノグラフには、飛行中の連続した時間計測のために必要とされたフライバック瞼能もそのまま受け継がれています。 「タイプXX」には、「アエロナバル」と、日付表示を加えた「トランスアトランティック」の2種類があります。 さらに「タイプXXI」は、センターにフライバック分針と24時間表示のサブダイヤルを備えています。

タイプXXII

タイプXXII

ブレゲの「タイプXXII」クロノグラフは、伝説的な「タイプXX」を継承しながら新たにデザインされたモデルですが、最大の特徴は、高精度を達成したムーブメントにあります。 この時計は、シリコン素材の脱進機とひげゼンマイを備え、テンプの振動が毎秒10Hz(毎時72,000回)という、量産モデルとしては世界初にして唯一の機械式クロノグラフ・ムーブメントを搭載しています。 「タイプXXII」は、この超高速振動テンプによって抜群の精度と歩度の安定を実現し、20分の1秒刻みの計測も可能にしました。クロノグラフ秒針は、30秒で文字盤を1周します。 この技術的快挙は、シリコン素材によって成し遂げられました。脱進機の可動部品の軽量化や、高速振動脱進機に必要な注油の軽減にもシリコン素材が役立てられたからです。

PAGE TOP