ホーム > 安心堂の歴史

安心堂とは

1912年、安心堂の歴史は時計修理から始まる。


甦る記憶の中に、確かな技術を見る。

時計台

永田龍之助が東京・神田に「安心堂時計店」を創業した1912年(明治45年)は、明治から大正へと時代の動く年でした。当時、龍之助の時計修理技術は東京でも広く知られ、「日本一」を自他共に許されるほどでした。
1931年永田一家は静岡に移り、時計商を営むことに。この新たな地には一つの貴重な時計がありました。時代を遡ること400年前、徳川家康は駿府に入城。4年後の1611年、スペイン国王から贈られたその時計こそ、日本に現存する最古の機械式時計なのです。
日本の時計文化が静岡から花開き、発展していった事を思うと、「安心堂時計店」は導かれるようにここ静岡で歴史を刻み始めたのです。


とんがり帽子の時計台、登場。

龍之助の跡を継いだ長男正雄は、まもなく父親に習い時計修理の技術を身につけました。
そして1947年(昭和22年)静岡県呉服町、現安心堂本店の位置に、とんがり帽子の時計台をもつ「安心堂時計店」を開店。
「どこに持ち込んでも直らない時計はありませんか。あれば修理させてください。」と一軒一軒を訪ねたといいます。
お客様から預かった時計を大切に修理して、「100年時計」という信頼と技術で繋ぐ安心堂の精神は、この時始まり今に受け継がれています。


人類の偉業とともに、世界一を記録。

1969年、人類初の月面着陸の時、宇宙飛行士アームストロング船長の腕にあったオメガ・スピードマスター。通称「ムーンウォッチ」と呼ばれるモデルの18金のタイプを、世界で一番多く販売。安心堂の名前を世界にとどろかせました。


百年企業 株式会社 安心堂

沿革

1950年

株式会社安心堂設立

1955年

ラジオ宣伝開始/ラジオ静岡(SBS静岡放送)の開局を機に、ラジオによる広告宣伝を開始、地方スポンサーとしては画期的なゴールデンタイム30分の番組提供を行う。

1958年 メガネ部門発足
1959年 外商部門発足
1961年 吉原店開設
1964年 安心堂宝石友の会発足/「宝石友の会」の名による前払式割賦販売制度を発足、通産大臣(当時)の認可を受ける。政府認可の予約販売制度を持つ専門店は全国で当社だけであった。
1965年 宝飾ビジネスを本格的に取り組みスタート・工芸所開設/工芸所を開設し、ルース(裸石)の輸入から宝飾品「プライベートブランド・ジュリアン」の製作販売までの一貫した流通革新体制を確立。
沼津店開設
1968年 浜松店開設
1970年 米国安心堂「ANSHINDO AMERICAN CORP.」設立
1972年 静岡メガネ店開設
1976年 フランス安心堂「ANSHINDO PARIS S.A.R.L.」を設立
1977年 ダイヤモンド・インターナショナル・デザイン・コンテスト最高位受賞
1979年 沼津店新店舗開設
1981年 ジュリアンレディ制度発足/顧客層の新たな開拓を目指して、女性による委託販売制度を発足。
1986年 焼津店開設
パリ・リュー・ド・ラベ店開設
1994年 ダイアモンド・インターナショナル・デザイン・コンテスト最高位受賞
1997年 富士店新店舗開設
2000年 会社設立50周年を迎える
2001年 沼津店新店舗開設
2006年 浜松店新店舗開設
2014年 ANSHINDO Bridal 「MUSEE」開設
PAGE TOP